おいもほり

お天気が良い日においもほりに出かけました。

歩いていると暑いくらい。

年長は急ぎ足で歩きます。

畑で、農家の方から説明を受け、早速ほりはじめます。

今年はすごく大きなおいもで、とっても深いところまであるので、掘るのがたいへんでした。

おいもを畑から、道まで運ぶのに、

「おもいー!」とこども。

でもたくさん食べたいみんなは、なんとかはこびます。半泣きの子もいましたが、いもは諦めないところが、かわいい。



帰りはお迎えのお母さんが持って帰りました。

あずかりの子をお迎えに来たお母さんのひとこと。


「わあ!こんなにたくさん掘れたんですね!今来る途中、不自然においもが道におちてたから、、、。

こんなにたくさんなら、こぼれるわ。」


三ツ沢幼稚園の年長さん、年中さん、だれか道においもをおとしたようですよ♪