おへや遊び



雨の日は好きなもの作ろう!を

するのに、ゆっくり時間がとれます。

何かに見立てて、箱をくっつけていく年長さん。

大人は、子どもが作るのを見ていると、何かの形になっていないと、納得できないし、つい教えたくなっちゃう。

「そんなものじゃなくて、車とか船とか作りなよー、これ窓にすれば?」

「貼り方そーじゃなくて、まっすぐはるのよ」とか言いたくなっちゃうけれど、それは余計なお世話。

人に指図されないで、自分で考えたものを作っていくのは、とても楽しい活動です。

子どもがやろうとしていることに、口出ししないで付き合ってみましょう。

「こことここをくっつけたい。」

「ここにあなをあけたい」

やりたいことを、どうやればできるか?

先生や友達に相談できれば、上級者。

お部屋を覗くと、自分の自信作を持って近づいてきて、どんなに良いものができたかを、熱く語って見せにきます。

「これは2本の剣に分かれるんだ」とポーズを決める。

よく考えたね。


年中さんは新聞紙で遊びました。

新聞紙大きく広げて上にのり、

先生とジャンケンして負けたら半分に

折ってまた上にのる。

半分を繰り返すと、新聞紙が上履きより小さくなっちゃう。

〇〇ちゃん落ちないようにね!と先生。

新聞紙小さいと、片足でバランスとりながら、ジャンケンしなきゃで楽しいです。


新聞紙穴あけて、かぶって洋服にしたり、

どんどんちぎって雪みたいにまいたり、

なんだか、汗がでちゃうお部屋遊びでした。