ケーキ作り

バケツに砂をいれてひっくり返してケーキを作る。作れると楽しいけど、3歳の子は、R子先生と一緒に作ってもらうケーキ。



年少さんは、自分でバケツに砂入れて、ひっくり返すけど、

うまくいかない。

「できない」

と、先生に助けをもとめていたら、

そこに年中さんがきました。

その子は年少の時R子先生のクラスだった子。

「てつだってあげる!」と年中さんの女の子。

「うまくいかない」と女の子。

バケツで何度かやってたら、年長さんの子もやってきた。

「やってあげようか?」

その子も年少の時、R子先生のクラスだった。

年長さんが入ったら、できた!完璧な形のケーキ。

3人の力で出来上がり、飾りつけしています。

R子先生は、年少のとき、できないー!と

言ってた子が、教えてあげるようになった。

と感動してました。

「あー、おんなじ長靴なんだー」

最初は「この子」とか言ってたのに、一緒にやってたら、

「Yちゃん!」「Lちゃん♪」「Mちゃん」とお互いに

名前で呼べるようになっていました。



どろんこ遊びも楽しいけど、

上の水道の写真は、バケツの水にそーっとくつをつけて、泥を落とそうとしてる。

ちょっと間違うと、ざばって落ちちゃうっていうスリル楽しんでます。