おばけやしきごっこ。プラネタリウムごっこ

年少、朝の会のことです。

みんなに、すきなたべものをひとりずつ発表します。 

一周しても言いたい!言いたい!とみんな。

じゃ、きらいなたべものも聞いてみましょう。と先生。

ピーマンがすき と男の子

ピーマンが嫌いなのかな?と先生。

違う、ピーマンがすき!と男の子。

どうやら、内容より、前に出てきて話すことに意義があるらしいです。

先生がおへやに布をかけはじめました。

なにしてるの?と子どもたち。

↓布をかけた中を通ると、おばけが出てくる。おお盛り上がりのおばけやしきごっこ。


窓が閉まっている、そのお部屋では、暗くしてプラネタリウムのように、光の星をだして、寝転がって天井の星をみてました。